【最大年率12%】PBRレンディングで不労所得の始め方をスクショ付きで解説【裏ワザも紹介】

悩む人

PBRレンディングを始めてみたい!
始め方を教えてください。

こんな悩みにお答えします。

PBR Lendingとは「仮想通貨を預けて増やすサービス」です。

PBRレンディングに預けておくだけで、12%という驚異的な年率で増えて行きます。

コインチェックやビットフライヤーで仮想通貨を購入してそのまま放置していませんか?

そのまま放置しておくのは少し勿体無いかもです。

同じ「放置」でもPBRレンディングに預けて放置しておくだけで勝手に増えて行きます。

どうせなら、仮想通貨を増やしつつ放置できるPBRレンディングを利用しましょう!

12%という数値は、他の金融機関のサービスと比較しても圧倒的です。

預ける場所年率
銀行預金0.001%
S&P5005%
ビットレンディング10%
PBRレンディング12%
年率の比較

PBRレンディングに預けておけば、あなたが寝ている間にも勝手に増えて行きます。

ゆと

もはや不労所得です。

しかし、高い年率すぎて逆に不安になる人もいるはず。

そんな人に向けて、この記事では登録手順・使う上での注意点を解説して行きます。

注意

PBRレンディングを利用するには仮想通貨取引所が必要です。

通常であれば、PBRレンディングに仮想通貨を送金する際に手数料が発生してしまいます。(1、2千円程度)

しかし、GMOコインから送信することで、手数料を無料にすることが出来ます。

GMOコインの口座がなければ開設しておきましょう。

»GMOコインの公式サイトを見る

それでは、いってみましょう!

目次

PBRレンディングの概要・メリット

PBRレンディングとは「仮想通貨を預けて増やすサービス」です。

仮想通貨を貸し出したい人(ぼくたち)と、仮想通貨を借りたい人(仮想通貨取引所等)をつなぐ仲介役をになっています。

PBRレンディングから仮想通貨を借りた人は、PBRレンディングに利息を支払い、その一部をぼくたちユーザーに還元される仕組みになっています。

PBRレンディングを運営する会社概要は以下のとおりです。

サービス名PBRレンディング
運営会社株式会社Notting Hill TOKYO
創業2018年8月
会社HPhttps://nottinghill.co.jp/
資本金100万円
事業内容法人・個人向けフィナンシャルプランニング
フィナンシャルサービス
ファイナンス講座運営
IT技術PCスキル教室
各種イベント運営
オンラインコミュニティ運営
エンタテインメント事業
株式会社Notting Hill TOKYOの概要

運営会社は創業年数も浅く、いわゆる、ベンチャー企業ですね。

PBRレンディングの概要は以下のとおりです。

貸出対象銘柄BTC/ETH/USDT/USDC/ADA
年率レギュラー:10%
プレミアム:12%
ロック期間レギュラー:1ヶ月
プレミアム:1年間
解約手数料レギュラー:無料
プレミアム:利息分の20%分
送金手数料約1500〜2000円(裏技アリ
最低貸出枚数※長くなるので後述
PBRレンディングのサービス内容

以下は、2プランの最低貸出枚数です。

レギュラープランプレミアムプラン
BTC:0.01 BTC
ETH:0.1 ETH
ADA:500ADA
USDT:300 USDT
USDC:300 USDC
BTC:0.16 BTC
ETH:2.25 ETH
ADA:8,500ADA
USDT:3,500 USDT
USDC:3,500 USDC
2プランの最低貸出枚数

上記を日本円で表すと、レギュラーが約3万円、プレミアムが50万円が最低金額となっています。

ゆと

レギュラーが一般層、プレミアムが大口投資家をターゲットに設定されています。

PBRレンディングを運用するメリットとして以下が挙げられます。

  • 脅威の12%【国内トップクラス】
  • 自分に合ったタイプで始めれる
  • 毎月自動で複利運用になる
  • 1ヶ月から運用可能

順番に見て行きましょう。

脅威の12%【国内トップクラス】

PBRレンディング年率12%という、驚異的な年率で運用することができます。

他の金融サービスと比較しても圧倒的です。

預ける場所年率
銀行預金0.001%
S&P5005%
ビットレンディング10%
PBRレンディング12%
年率の比較

そして、以下が預入対象銘柄です。

BTCやETHといったメジャーな銘柄やステーブルコインも預入対象銘柄です。

ステーブルコインとは

法定通貨の価格変動に連動した仮想通貨

ゆと

価格変動が気になる人はステーブルコインも預けることができるので、怖い人はステーブルコインを預けましょう!

自分に合ったタイプから始めれる

PBRレンディングには、2パターンの運用タイプがあります。

内容レギュラープランプレミアムプラン
年率10%12%
最低貸出枚数約3万円〜約50万円〜
解約手数料無料利息分の20%
最低貸出期間1ヶ月間1年間
レギュラープラン・プレミアムプランの比較表

プレミアムプランは、レギュラータイプと比べて高い年率で預け入れることができます。

しかし、貸出期間や最低貸出枚数が増える等の制約が発生してしまいます。

自分に合ったタイプで運用を始めて行きましょう。

毎月自動で複利運用になる

PBRレンディングでは、毎月の運用益が自動で最適化されて運用されます。

以下は、1BTCを12%で運用した時の単利と複利の差を表した表です。

アインシュタインも複利について「人類最大の発明」と絶賛したほどです。

ゆと

お金を増やす上では大事な概念なので覚えておきましょう✨

1ヶ月から運用可能

PBRレンディングで運用を始めると、1ヶ月間は解約することができませんが、1ヶ月経てば簡単に解約できます。

プレミアムプランの場合、一年間は解約することができないので注意しましょう。
そのかわりに、年率が高くなります。

ゆと

自分にあったプランを選びましょう!

PBRレンディングの始め方【3ステップ】

さっそく、PBRレンディングを初めて行きましょう!

以下の手順で進めて行きます。

  • 預けたい銘柄を購入する
  • ユーザー登録
  • 仮想通貨の預入手続き

順番に説明していきます。

預けたい銘柄を購入する

PBRレンディングで預ける仮想通貨を、仮想通貨取引所で購入しましょう。

取引所からPBRレンディングに仮想通貨を送金するとき、1、2千円の手数料が発生してしまいます。

コインチェックbitFlyerGMOコイン
0.0005BTC0.0004BTC0BTC
約2000円約1600円0円
大手取引所の手数料比較

GMOコインから送金すれば無料です。

他の取引所から送金すると手数料が発生してしまいますので、GMOコインから送金しましょう。

なので、GMOコインから仮想通貨を購入することをオススメします!

GMOコインについては、以下の記事でも解説しています。

\ 手数料を抑えるならコレ /

ユーザー登録

公式サイトへアクセスして、「今すぐはじめる」をタップします。

≫PBRレンディングの公式サイトへ行くの公式サイトへ行く

個人をタップして、電話番号を入力、チェックボックスにチェックを入れて「お申し込み」をタップします。

入力した電話番号宛に、認証コードが届いているはずです。

届いた認証コードを入力して「次へ」をタップします。

次はあなたの基本情報を入力して行きます。

画面の案内に従って入力して行きます。下まで入力できたら「次へ」をタップします。

続いて、住所を入力して行きます。

続いて、本人登録用の書類をアップロードして行きます。

下記の本人書類を用意しましょう。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート+保険証または年金手帳
  • 在留カード・特別永住者証明書

赤丸をタップして、上記の本人書類を表面・裏面それぞれ写真を撮ってアップロードしてください。

続いて「次へ」をタップします。

アップロードする本人書類を確認して、問題がなければ「送信」をタップします。

無事審査が通れば、PBRレンディングからメールが届きます。

メールが届いたら、仮想通貨を預けてい行きましょう。

仮想通貨の預入手続き

仮想通貨取引所からPBRレンディングに仮想通貨をを送金して行きましょう。

届いたメールからログインして「レンディング」をタップします。

右上にある「Lending(貸出)」をタップします。

  • レギュラープランorプレミアムプラン
  • 貸し出したい銘柄
  • 貸出数量
  • ネットワークの選択

上記を入力していき「送信画面へ」をタップします。

次に、赤枠から送付先のアドレスをコピーして指定した枚数を送付手続きを行ってください。

送付が完了したら、TXID(トランザクションID)を貼り付けて「送信」をタップします。

トランザクションIDは以下の④から確認できます。(GMOコインの場合)

  • 公式サイト→暗号資産
  • 取引履歴
  • 送付先を確認
  • トランザクションID
GMOコイン公式サイトより抜粋
GMOコイン公式サイト抜粋
ゆと

これで手続きは完了です。お疲れ様でした。

PBRレンディングを利用する上での注意点

PBRレンディングを利用する上で、以下の注意点は把握しておきましょう。

  • 対象仮想通貨が少ない
  • 仮想通貨自体の価格変動
  • 手数料が発生する

順番に解説します。

対象仮想通貨が少ない

PBRレンディングに貸し出せる仮想通貨は以下の5種類のみです。

とはいえ、BTCやETHを貸し出すことができるので全く問題ナシです。

いわゆる、草コイン価格変動が激しく貸出よりトレード向けです。

草コインをトレードしたいならBybitを利用しましょう。

仮想通貨自体の価格変動

PBRレンディングに預けた仮想通貨は、1ヶ月後であればいつでも返却申請できますが、1ヶ月間はロックされてしまいます。

1ヶ月の間に預けた仮想通貨が暴落してしまったらどうすることも出来ません。。。

お小遣い程度の無くなってもいい金額で始めましょう!

手数料が発生する

PBRレンディングに仮想通貨を送付する際、手数料が発生してしまいます。

日本円にして、約1500~2000円かかります。。。

ゆと

PBRレンディングを利用する際は覚えておきましょう。

【裏ワザ】GMOコインから送付して手数料無料で利用する

上記の通り、PBRレンディングに仮想通貨を送付するときに手数料が発生します。

しかし、GMOコインなら手数料を無料にできます。

取引所送金手数料(BTCの場合)送金手数料(ETHの場合)
コインチェック0.0005BTC0.005ETH
ビットフライヤー0.0004BTC0.005ETH
GMOコイン0BTC0ETH
取引所の手数料比較
ゆと

地味に1500円〜2000円は痛いです・・・。
できる限り、GMOコインから送金しましょう。

\ 手数料を抑えるならコレ /

PBRレンディングによくある質問

最低貸出期間は?

レギュラープランは1ヶ月、プレミアムプランは1年間です。

日本円は入金できる?

PBRレンディングに日本円は入金できません。

返還請求後、貸し出した暗号資産がウォレットに戻るまでどれだけかかる?

約1ヶ月です。

複数のウォレットから送金できる?

複数のウォレットから送金可能です。

USDT、USDCを送金する時のネットワークは「TRC-20」と「ERC-20」のどっちを選べばいいですか?

送金手数料が安い「TRC-20」がオススメです。

仮想通貨TRC-20の手数料ERC-20の手数料
USDT1USDT(約140円)25USDT(約3500円)
USDC1USDC(約140円)25USDC(約3500円)
「TRC-20」と「ERC-20」の手数料比較表
※1ドル=140円で計算

まとめ:PBRレンディングで不労所得をはじめよう

ここまでご覧いただきありがとうございます。

この記事ではPBRレンディングの始め方や、メリット、注意点について解説してきました。

最近では仮想通貨を持ちはじめる人が増えてきたと思いますが、ほとんどの人が「持っているだけ」だと思います。

12%で預けられる期間は今だけかもしれません。

登録だけなら無料です。気になる人は登録だけでも済ませておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次