【徹底比較】ビットコインの積立は「毎日」と「毎月」どっちがお得?

この記事では、ビットコインの積立投資「毎日」or「毎月」の結論について初心者に向けて解説しています。

積立投資を行う場合、毎月決めた日に一定金額を買い増し続ける「ドルコスト平均法」が一般的ですよね。

しかし、仮想通貨取引所の自動積立機能では「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」があります。

そこで、ぼくはこんな疑問が浮かんできました。

ゆと

ビットコインの積立投資って「毎日」と「毎月」どっちで投資するべきかな…?

ということで、

この記事では「毎日投資」と「毎月投資」で比較しつつ、どっちが有料になるか検証していきます。

あわせて、ビットコインの積立投資にオススメな取引所も解説して行きます。

すべて読み終える頃には、あなたの疑問もスッキリするはずです。

それでは見ていきましょう。

\ 4年連続 アプリダウンロード数No.1 /

目次

【結論】ビットコイン積立は「毎日」でも「毎月」でもOK

比較する前に、さくっと結論だけ述べておきます。

結論
  • 「毎日」「毎月」どっちでもOK
  • ビットコインを長期的に積み立てることが重要

以下は、「毎日積立」と「毎月積立」をできる限り同じ元本に合わせた比較したグラフです。

毎月積立の場合

毎日積立の場合

数字に表すと以下の通り。

毎日つみたて毎月つみたて
元本:365,000円元本:360,000円
評価額:440,033円評価額:423,752円
利回り;約20%利回り:約17%

若干「毎日つみたて」の方が有利ですが、ほぼ同じくらいです。

毎日積立プランの特徴

毎日積立投資のポイントとして、以下が挙げられます。

  • 購入数量を平準化できる
  • 購入回数が増えるので、手数料を払う回数も増える

毎月積立と比較して、毎日積み立てるので、購入価格を平準化できるのでリスクを分散しつつ枚数を増やすことが出来ます。

しかし、毎日購入するのでスプレッド(手数料)を多く払う必要があるというデメリットもあります。

毎月積立プランの特徴

毎月積立投資のポイントとして、以下が挙げられます。

  • 毎日積立と比較して、頻度が少ないため、購入数量にバラツキがでる
  • 毎日積立と比較して、購入回数が少ないため、スプレッド(手数料)を払う回数がへる

毎日積立と比較して、積立頻度が少なく購入価格に差があるので、購入枚数にムラができてしまいます。

その反面、毎日積立よりも購入回数が少ないので、スプレッド(手数料)が少なく料金で済むメリットもあります。

【重要】ビットコインの積立は頻度より期間が大切

ビットコインの積立投資は、少額から始められる投資方法として人気を集めています。

ビットコインの値動きは予測が難しいため、頻繁に売買するのではなく、一定期間にわたって積み立てていくのがおすすめです。

その理由は、以下の2つです。

  • 頻繁に売買すると、手数料や税金の負担が大きくなる
  • 長期的な値上がりを狙うのであれば、頻繁な売買は不向き

手数料の負担が大きくなる

ビットコインを頻繁に売買すると、手数料や税金の負担が大きくなります。

ビットコインの取引手数料は、取引所によって異なりますが、0.1%程度が一般的です。

長期的な値上がりを狙うのであれば、頻繁な売買は不向き

ビットコインは、長期的な値上がりを狙うのが基本的な投資戦略です。

頻繁に売買していると、値上がりのタイミングを逃してしまう可能性があります。

ビットコインの積立をどのくらいの期間で行うべきか

上記の通り、ビットコインの価格は、過去10年間で約100倍に上昇しています。

これは、ビットコインが長期的に価値を保つ資産であることを示しています。

結論として、少なくとも5年以上の期間はビットコインの積立を行いましょう。

また、ビットコインには、4年に一度「半減期」があります。

過去の実績上、「半減期」がある年は確実に価格が上昇しています。

ゆと

半減期の恩恵を受けるために、コツコツと積み立てておきましょう!

ビットコインの積立は少額からでOK

ビットコインの積立は、少額から始めるのがおすすめです。

ビットコインの価格は、数十万円から数百万円と高額です。少額から始めることで、リスクを抑えながら投資することができます。

ゆと

あなたが無理のない金額で買い増しましょう!

【オススメ3選】ビットコインの積立にオススメな取引所

ビットコインなどの仮想通貨の積立投資は、少額から始められる手軽さと、長期的な値上がり期待から、近年人気が高まっています。

そこで、今回はビットコインの積立にオススメな取引所を3つご紹介します。

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営する国内最大級の仮想通貨取引所です。

ビットコインの積立サービス「GMOコインつみたて」では、1万円から積立が可能です。

GMOコインはセキュリティ対策が充実しており、24時間365日の監視体制を敷いています。

また、積立手数料は無料、入出金手数料も無料なので、手数料が気になる人にはオススメです。

≫GMOコインの口座開設方法を見る

\ 各種手数料が無料 /

コインチェック

コインチェックは、国内で最も利用者数の多い仮想通貨取引所です。

ビットコインの積立サービス「Coincheckつみたて」では、1,000円から積立が可能です。積立手数料は無料、入出金手数料も無料です。

また、コインチェックは初心者にも使いやすいUI/UXを採用しています。投資初心者にオススメです。

≫コインチェックの口座開設方法を見る

\ 4年連続 アプリダウンロード数No.1 /

BITPOINT

BITPOINTは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。

ビットコインの積立サービス「BITPOINTつみたて」では、1万円から積立が可能です。積立手数料は無料、入出金手数料も無料です。

また、BITPOINTは取引所のセキュリティ評価で高い評価を受けています。

ビットコインの積立によくある質問

ビットコインの積立に税金はかかる?

譲渡所得税がかかります。譲渡所得税は、売却した時の価格と購入した時の価格の差額に対して課税されます。

例えば、100円で購入したビットコインを1,000円で売却した場合、譲渡所得は900円となります。この譲渡所得に対して、20.315%の税率が課税されます。

ただし、ビットコインの保有期間が5年を超える場合は、長期譲渡所得となり、税率が15.315%に軽減されます。

ビットコインの積立におけるリスクは?

ビットコインの積立における主なリスクは以下のとおりです。

  • 価格変動リスク

ビットコインの価格は変動が激しく、短期間で大きく下落する可能性もあります。

  • ハッキングリスク

ビットコインは電子的なデータとして存在するため、ハッキングによって盗まれるリスクがあります。

  • 法規制リスク

ビットコインは法定通貨ではないため、今後の法規制によって価値が下落する可能性があります。

ビットコイン以外のオススメ積み立て先は?

ビットコイン以外のおすすめの仮想通貨としては、以下のようなものが挙げられます。

  • イーサリアム

ビットコインに次いで時価総額が大きい仮想通貨です。スマートコントラクトやDappsなどの技術を活用したアプリケーションの開発に利用されています。

  • リップル

決済用の仮想通貨として開発された仮想通貨です。国際送金のコスト削減やスピードアップに期待されています。

  • テザー

米ドルと連動するように設計されたステーブルコインです。価格変動リスクを抑えて仮想通貨投資を始めたい方におすすめです。

まとめ:「毎日」でも「毎月」でもコツコツとビットコインを買おう

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

結論として、毎日でも毎月も利回り的にはほぼ同じなので、どちらでもOK。

なにより、少額でも長期的にコツコツと買い増し続けるが重要です。

また、過去の実績上、半減期の後は確実にビットコインの価格が上昇しています。

半減期の恩恵を受けたいひとは、「今すぐ」ビットコインを購入しましょう。

ビットコインの積み立てには仮想通貨取引所で口座開設する必要があります。

ゆと

口座開設が済んでいない人は、口座開設に時間がかかるので先に、口座開設しておきましょう。

コインチェックであれば、完全自動で積立投資できるのでオススメです。

≫コインチェックで口座開設する

以下でもコインチェックの積立方法について解説しています。よければ覗いてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次