【結論あり】仮想通貨がオワコンと言われる5つの理由と将来性について徹底解説します

本記事では、仮想通貨がオワコンと言われる理由と、将来性や運用方法について解説していきます。

あなたは、仮想通貨についてどのようなイメージがありますか?

おそらく、「怪しい」「オワコン」などといったネガティブなイメージを想像する人が大半かとおもいます。

仮想通貨は、2021年にビットコインが740万円という過去最高値を記録し、大きな注目を集めました。

その後は価格が急落し、現在(2023年)は300万円~400万円で推移しています。

そのため、「仮想通貨はオワコンなのか?」という声も聞かれるようになりました。

しかし、「仮想通貨はオワコン」と思って避けてしまうのは、勿体無いです。

今、仮想通貨の分野は急激なスピードで発展し続けています。

安定した銘柄に投資したり、正しい知識を身につければ、10%の利回りを低リスクで狙うことが出来ます。

賛否両論のある「今」が先行者利益を得るチャンスです。

ゆと

今投資しておけば、数年後には数倍になってるかも・・・!

また、今すぐ仮想通貨投資を始めたい人はコインチェックで口座開設をしておきましょう。

コインチェックの魅力

  • 初心者に優しいデザイン設計
  • アプリダウンロード数NO.1
  • 積み立て投資も完全自動

\アプリDL数No.1/

目次

仮想通貨はオワコンと言われる5つの理由

仮想通貨がオワコンと言われる理由は、以下の5つです。

  • ビットコイン価格の低迷期
  • 詐欺やハッキングが多発している
  • 仮想通貨が日本で普及していない
  • 価格変動が激しい
  • 高値掴みした人が大損している

順番に見て行きましょう。

ビットコイン価格の低迷期

2022年以降、ビットコイン価格は低迷期に突入しています。

2021年の最高値から約50%下落し、現在は300万円〜400万円で推移しています。

詐欺やハッキングが多発している

仮想通貨は、詐欺やハッキングの被害に遭いやすいというリスクがあります。

2022年には、仮想通貨取引所へのハッキング事件が相次ぎ、大きな被害が出ました。

仮想通貨が日本で普及していない

日本における仮想通貨の普及率は、まだ低い水準にとどまっています。

割合で表すと、わずか「7%」です。

日本では、先程も取り上げたような悪いニュースだけが悪目立ちして「オワコン」と呼ばれています。

価格変動が激しい

仮想通貨は、価格変動が激しいという特徴があります。

短期間で大きく値上がりしたり値下がりしたりする可能性があるため、投資リスクが高いとされています。

高値掴みした人が大損している

2021年の仮想通貨バブルでは、多くの人が高値掴みをして大損をしました。

その結果、仮想通貨に対するネガティブなイメージが広がりました。

【結論】仮想通貨がオワコンでは無い4つの理由

仮想通貨がオワコンではない理由は、以下の4つです。

  • 仮想通貨が法定通貨として利用されている
  • 大手企業の参入
  • NFTやメタバースの普及
  • ブロックチェーン技術の発展

順番に見て行きましょう。

仮想通貨が法定通貨として利用されている

エルサルバドルでは、2021年にビットコインを法定通貨として採用しました。

また、ウクライナやナイジェリアなど、世界各地で仮想通貨が法定通貨として導入される動きが広がっています。

大手企業の参入

PayPalやVisa、Mastercardなどの大手企業が、仮想通貨決済の導入を進めています。

また、TeslaやMicroStrategyなどの企業が、ビットコインなどの仮想通貨を資産として保有しています。

NFTやメタバースの普及

NFTやメタバースなどの新たな技術の普及によって、仮想通貨の需要が高まることが期待されています。

スターバックスや、NIKEといった大手企業もNFTの技術を事業として取り入れています。

ブロックチェーン技術の発展

仮想通貨の基盤となるブロックチェーン技術は、さまざまな分野で活用されています。

  • 物流業界:物流管理、在庫管理など
  • 医療業界:医療情報管理、医療費管理など
  • 不動産業界:不動産取引、登記、契約など

上記のように、幅広い分野で活躍しています。

ブロックチェーン技術は、分散型のデータベースとして、情報の透明性、信頼性、セキュリティ性を高めることができます。

今後もブロックチェーン技術の発展によって、仮想通貨の需要が高まると予想されます。

「オワコン」ではなく仮想通貨がまだ始まってないだけ

上記理由より、仮想通貨は、まだ始まっていないだけだと言えるでしょう。

なので、「仮想通貨はオワコン」は無視してOKです。

2021年の仮想通貨バブルは、あくまでも初期の盛り上がりにすぎません。

ETFの承認や法定通貨の採用など、仮想通貨の将来性を示す動きが進んでいます。

また、NFTやメタバースなどの新たな技術によって、仮想通貨の需要が高まることが期待されています。

日本人の仮想通貨保有率は「7%」

日本における仮想通貨の普及率は、低い水準にとどまっています。

2022年の調査では、仮想通貨を保有している日本人の割合は7%です。

仮想通貨の普及率がさらに高まれば、仮想通貨市場はさらに拡大する可能性があります。

先行者利益を得るなら「今」がチャンス

繰り返しにはなりますが、仮想通貨は、まだ始まっていないだけだと言えます。

2021年の仮想通貨バブルは、あくまでも初期の盛り上がりにすぎません。

ETFの承認や法定通貨の採用など、仮想通貨の将来性を示す動きが進んでいます。

また、NFTやメタバースなどの新たな技術によって、仮想通貨の需要が高まることが期待されています。

そして、日本人の仮想通貨保有率は、たったの7%です。

仮想通貨の普及率がさらに高まれば、仮想通貨市場はさらに拡大する可能性があります。

つまり、仮想通貨に投資するなら、今がチャンスと言えるでしょう。

ゆと

先行者利益を得るためには、早めに仮想通貨に触れてみることが大切です。

初心者が仮想通貨投資を始める手順【3ステップ】

仮想通貨投資を始める手順は以下の通りです。

  • コインチェックで口座開設する
  • コインチェックに日本円を入金する
  • コインチェックで仮想通貨を購入する

順番に見ていきましょう。

コインチェックで口座開設する

初めての仮想通貨なら、とりあえずコインチェックで口座開設しておきましょう。

≫コインチェックで口座開設する

コインチェックの口座開設は10分程で完了します。もちろん無料で口座開設できます。

コインチェックの魅力

  • 初心者に優しいデザイン設計
  • アプリダウンロード数NO.1
  • 積み立て投資も完全自動

下記記事でコインチェックの口座開設方法を解説しています。

コインチェックに日本円を入金する

コインチェックでビットコインを購入するためには、口座内に日本円を入金する必要があります。

コインチェックで口座開設出来たら、コインチェックに入金しましょう。

下記記事では、コインチェックへの入金手順を解説しています。

入金手数料を無料にする方法も解説しています。気になる人は参考にしてみてください。

コインチェックでビットコインを購入する

コインチェックに入金が出来たら、いよいよビットコインの購入です。

ビットコインの購入はめちゃくちゃカンタン。3タップで購入完了です。

上記、動画の通りです。めちゃくちゃ簡単ですよね。

買ったあとはガチホ一択です。

下記の記事でも、購入方法について詳しく解説しています。良ければこちらもどうぞ。

初心者が仮想通貨投資で失敗しない為のポイント

仮想通貨投資は、価格変動が激しいため、リスクを伴います。

初心者が仮想通貨投資で失敗しないためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • ドルコスト平均法で投資する
  • 欲張らない
  • 草コインに投資しない
  • 取引所を複数利用する
  • 無料で仮想通貨を貰う

順番に見て行きましょう。

ドルコスト平均法で投資する

ビットコインなどの仮想通貨は、短期的な価格変動が激しいため、一気にまとめて購入すると、高値掴みをするリスクがあります。

そこで、ドルコスト平均法で投資することをおすすめします。

ドルコスト平均法とは、毎月一定額ずつ仮想通貨を購入する投資手法です。価格変動の影響を分散できるため、リスクを抑えることができます。

欲張らない

仮想通貨は、短期間で大きく値上がりする可能性もありますが、短期的な利益を追い求めると、損失を出してしまうリスクがあります。

長期的な視点で投資し、欲張りすぎないようにしましょう。

草コインに投資しない

草コインとは、時価総額が小さく、まだ実績が少ない仮想通貨のことです。

草コインは、価格変動が激しく、リスクが高いため、初心者は投資しないことをおすすめします。

ゆと

初めての仮想通貨なら、ビットコインかイーサリアムがオススメです!

取引所を複数利用する

仮想通貨取引所は複数箇所で利用しましょう。

仮想通貨取引所は、それぞれに特徴があります。

複数の取引所を利用することで、取引手数料やサービス内容を比較して、自分に合った取引所を選ぶことができます。

また、倒産やハッキングと言ったリスクの回避にも繋がります。

無料で仮想通貨を貰う

ポイ活等、無料で仮想通貨を貰えるサービスを利用しましょう。

下記サービスを利用すれば、無料でビットコインが手に入ります。自分の懐からお金は出ないのでノーリスクです。

ビットウォーク

ビットウォークは「歩いてビットコインを稼ぐアプリ」です。

完全無料で利用できるので、興味があればインストールしてみてはどうですか?

お得に始めることができる「招待コード」もあります。以下記事も参考にしてみてください。

ビッコレ

ビッコレは「ビットコインが貰えるポイ活サイト」です。

ビッコレ内のガチャを回したり、普段のお買い物やクレカ発行をびっコレ経由で行うとビットコインがもらえます。

さらに、今だけの激アツキャンペーン

以下のリンク経由で会員登録をすると1000ポイントがもらえます。

≫ビッコレに会員登録して1000円分のビットコインをGET

ゆと

キャンペーン終了時期は未定です。お早めにどうぞ!

仮想通貨を高利回りで運用する方法

仮想通貨は高利回りで運用することが出来ます。

ゆと

買ったあと、そのまま放置するのは少しもったいないかも。。。

仮想通貨の預ける場所を変えるだけで、不労所得ゲットです。

仮想通貨を運用して、増やしてみましょう。

仮想通貨で不労所得をゲットする方法をレベル別で3つ紹介して行きます。

  • 初心者向け:仮想通貨取引所のステーキング
  • 中級者向け:ビットレンディング
  • 上級者向け:Defiを利用する

上記を順番に解説して行きます。

初心者向け:仮想通貨取引所のステーキング

仮想通貨取引所の口座に仮想通貨をステーキングすれば、年利5%程度の不労所得をゲットできます。

ステーキングってなんじゃ!むずかしそう!って思うかもしれませんが、とても簡単です。

仮想通貨取引所で仮想通貨を保有しておくだけ

コインチェックGMOコインで対象の仮想通貨を購入して放置しておくだけでOKです。

ただし、注意点があります。

  • ステーキング対象の銘柄がマイナー
  • 利率が低め
  • ステーキングサービスが無い取引所もある

上記が注意点です。

保有するだけでいいので、簡単に不労所得をゲットできます。

中級者向け:ビットレンディング

ビットレンディングに仮想通貨を送金して預けておけば、年率10%の不労所得をゲットできます。

ビットレンディングとは、仮想通貨を預けて増やすサービスです。

ビットレンディングに預ける必要があるので、仮想通貨取引所のステーキングサービスより、年率が2倍も高く、BTCやETH、ステーブルコインを運用することができます。

ステーブルコインとは

法定通貨の価格相場に連動した仮想通貨

ステーブルコインは、価格変動の激しい仮想通貨を運用するのに抵抗がある人は、オススメな運用先のコインになっています。

ゆと

ボクも実際にビットレンディングでイーサ(ETH)を預けて不労所得をゲットしています!

下記記事にて運用方法をスクショ付きで解説しています。

※8月31日まで、キャンペーンをやっているみたいなので気になる方はお早めにどうぞ。

スミマセン。キャンペーンは終了しました🙇‍♂️

\最大年率10%で不労所得GET/

上級者向け:DeFiを利用する

ビットレンディングの10%より高い年率を目指すならDeFiを利用しましょう。

DeFiでは20%の利回りはザラにあります。中には100%以上もあります。

DeFi(Decentralized Finance、分散型金融)とは

銀行や国が中央で管理してお金を発行する必要のない金融サービス全般

ゆと

仮想通貨版の銀行みたいなイメージでOKです!

銀行では、銀行の従業員さんがお金の管理や取引を行い、手数料が発生しています。

一方、DeFiは管理者不在の金融サービスです。すべてプログラムが管理して、取引を行ってくれます。

そのため、手数料がかからず、高利回りを実現できます。

ゆと

しかし、DeFiは英語表記がほとんどです。そのため、初めての人は難しいと思います。

もちろん、リスク有です。

DeFiは、まだまだ発展途上のサービスです。発展途上のサービスには詐欺などのリスクはつきものです。

なので、お小遣いから始めてみましょう。

下記記事では、日本語表記のDeFiを紹介しています。気になる人はみていってください。

運用方法は以下の通りです。

以下記事でも解説してますので、参考にしてみてください。

まとめ:仮想通貨はオワコンではない!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

もう一度まとめると以下のとおりです。

仮想通貨がオワコンと言われる理由

  • ビットコイン価格の低迷期
  • 詐欺やハッキングが多発している
  • 仮想通貨が日本で普及していない
  • 価格変動が激しい
  • 高値掴みした人が大損している

仮想通貨がオワコンではない理由

  • 仮想通貨が法定通貨として利用されている
  • 大手企業の参入
  • NFTやメタバースの普及
  • ブロックチェーン技術の発展

仮想通貨に投資するなら、賛否両論のある「今」がチャンスです。

ゆと

ドルコスト平均法で投資し、欲張りすぎないように注意しましょう。

仮想通貨は、今後も大きく成長していく可能性を秘めた新しい金融資産です。

興味がある方は、ぜひ早めに仮想通貨に触れてみることをおすすめします。

\アプリDL数No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次