【初心者OK】仮想通貨で不労所得をゲットする方法!3つの方法をレベル別で紹介します

この記事でわかること
  • 仮想通貨の不労所得とは?
  • 仮想通貨で不労所得を得る3つの方法
  • 仮想通貨で不労所得を得る上での注意点
悩む人

でも仮想通貨ってなんかむずかしそうだし、知識0でも不労所得をゲットできるのかな…💦

なんて思う人もいると思いますが、ぶっちゃけ、低予算で不労所得を簡単にゲットできます。

ゆと

初心者にも分かりやすく説明しますので、安心してついてきてくださいね☺️

最後までこの記事を読めば、あなたも仮想通貨で不労所得を得る知識が身につき、不労所得をゲットできます!

さっそく見ていきましょう!

お急ぎの人はコチラ

仮想通貨で不労所得をゲットする3つの方法を見る

\ 4年連続 アプリダウンロード数No.1 /

目次

不労所得は人生を豊かにします

まずはじめに、不労所得は人生を豊かにしてくれます。

働かなくても、人生がヌルゲーになり心が穏やかになります。

  • 生活費の一部を賄うことができる
  • そのまま貯金もできる
  • 仕事以外の収入源がある安心感
  • 不労所得をさらに運用してどんどん運用益を伸ばしていける

こんな感じで不労所得は心を穏やかにしてくれます。

ゆと

成功者と言われてる人達は、必ずと言ってもいいほど、何かの不労所得を持っていますよ!

人生にレバレッジを掛けれる

不労所得があるだけで人生がイージーモードになります。

労働すればお金は貰えますが、12時間くらい頑張って労働したらヘトヘトになりますし、体はひとつしかありませんよね?

なので、不労所得でレバレッジを効かせればOKです。

具体的には以下のようなイメージです。

労働所得+不労所得=収益

上記にレバレッジをかけていくと、、

労働所得+不労所得+不労所得+・・・=収益

といった感じです。

自分の体は一つしかありませんし、働けば疲れるし限界があります。

不労所得は数を増やせばあOKなので、青天井です。

自分で働かなくても勝手に働いて、勝手にお金が増えていきます。自分の分身のようなイメージです。

ゆと

ひとつの不労所得で得られる金額が少なくても、数を重ねて金額を増やせばOKです。まずは、少額ではじめてみましょう!✨

仮想通貨の不労所得は簡単&低リスクで手に入ります

不労所得の例をいくつか出してみます。

  • 不動産投資→家賃収入
  • YouTube→広告収入
  • 本の出版→配当収入
  • ブログ→アフィ収入

上記は全て不労所得ですが、リスクや難易度高めなジャンルです。

  • 不動産投資→借金することになるので、リスクありです
  • YouTube→今や、芸能人も参入してきているので成果をあげるのは中々難しいです
  • 本の出版→専門性が高いジャンルがあれば行けるかもです。が、なければ難しいです
  • ブログ→企業のように広告費を膨大に出せる相手と戦うことになるのでキツいです

こんな感じで難易度やリスク高めです。

しかし、仮想通貨ジャンルなら難易度低め&少額投資で不労所得をゲットできます。

仮想通貨投資について深堀して解説していきます。

仮想通貨の不労所得がオススメな理由

仮想通貨ジャンルがオススメ出来る理由は以下の通りです。

  • 高利回りである
  • 世界的な需要の増加
  • 初期投資は少なめでOK

順番に見ていきましょう!

高利回りである

仮想通貨はブロックチェーン技術やスマートコントラクトによって、中間手数料を極力省いて運用することが出来ます。

  • 銀行→人が管理→人材費あり
  • 仮想通貨→プログラムが管理→人材費なし

このようにして仮想通貨ジャンルは高利回りであることが多いです。

世界的な需要の増加

日本だと、仮想通貨に対してネガティブなイメージが浸透していると思います。

しかし、世界的に見ると仮想通貨は浸透しつつあります。

  • ビットコインが法定通貨の国
  • スターバックスがNFT導入
  • ビックカメラでビットコイン決済

仮想通貨を取り入れる企業や法定通貨として採用する国があるみたいです。日本人のぼく達からするとビックリですよね。

しかし、これら全ては現実に起きています。

ゆと

とはいえ、まだまだ発展段階です。早めに投資して置くことで「先行利益」ゲットをできますよ!

初期投資は少なめでOK

仮想通貨って何十万円と出さないといけないイメージありますよね?

実は、数百円から始めることができます。

なので、お小遣いから始めましょう。

ぶっちゃけ、仮想通貨は新しいテクノロジーで、不安定です。

まずは少額の投資からGOしましょう。

仮想通貨ジャンルなら少額でも不労所得をゲットすることは可能です。

少額でも投資しておくと、自ずと仮想通貨の知識が身についてきます。

過去の実績上、ビットコインの「半減期」を堺に価格は確実に上昇し続けています。有名な投資家も口を揃えて価値が上がると言ってますし、ぼくも仮想通貨の未来を信じてコツコツ投資を続けています。

初期投資ゼロでも仮想通貨投資は可能です

ビットコインを貯めることができるポイ活サイト「ビッコレ」なら無料でビットコインをゲットできます。

「始めてビットコインに触れる人」「仮想通貨で損をしたくない」「自己資金に余裕がない」

上記に当てはまる人はオススメなサービスです。

下記記事も参考にしてみてください。

仮想通貨で不労所得を得る為に準備するもの

仮想通貨で不労所得を得るためには以下の物を準備する必要があります。

  • 仮想通貨取引所(必須です)
  • ウォレット(あれば便利)

順番に見ていきましょう。

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所は、その名の通り仮想通貨の取引所です。

仮想通貨取引所からじゃないと、仮想通貨を買うことが出来ないので開設しましょう。

「仮想通貨取引所 オススメ」と検索すればたくさん出てくると思います。

が、たくさんありすぎて選びきれないと思います。

なので、「コレを選べば問題なし」って取引所を2つに絞りました。

上記の基準でとりあえずOKです。

ゆと

無料で口座開設・利用できます。両方作っちゃってもOKですよ☺️

コインチェック

メリットデメリット
初心者に優しいデザイン設計
NFTが買える
ステーキング機能がある
スプレッドが高め
レバレッジ取引できない
ゆと

投資初心者さんでもオススメですよ〜

以下でコインチェックの口座開設手順をスクショ付きで解説しています。よければコチラもどうぞ。

\初めての仮想通貨なら/

GMOコイン

メリットデメリット
各種手数料が安い
ステーキング機能がある
取り扱い銘柄が多い
最低出金額が他と比べて高い
コインチェックより扱いが難しい
ゆと

手数料を少しでも安くしたい人はGMOコイン一択です!

以下でGMOコインの口座開設手順をスクショ付きで解説しています。よければコチラもどうぞ。

\手数料で損したく無い人にオススメ/

ウォレット

ウォレットとは、仮想通貨のお財布です。

このお財布は「公開鍵と秘密鍵」と呼ばれるもので暗号化してあり、安全に保管することができます。

一応、仮想通貨取引所に仮想通貨を入れっぱなしにしておけば保管はできますが、セキュリティ面や他の取引所を介する際に必要になります。

ゆと

無料で作成できますので、作っておきましょう。

下記記事よりウォレットの登録方法を紹介しています。

【レベル別】仮想通貨で不労所得を得る方法

仮想通貨で不労所得をゲットする方法をレベル別で3つ紹介して行きます。

  • 初心者向け:仮想通貨取引所のステーキング
  • 中級者向け:ビットレンディング
  • 上級者向け:Defiを利用する

上記を順番に解説して行きます。

初心者向け:仮想通貨取引所のステーキング

仮想通貨取引所の口座に仮想通貨をステーキングすれば、年利5%程度の不労所得をゲットできます。

ステーキングってなんじゃ!むずかしそう!って思うかもしれませんが、とても簡単です。

仮想通貨取引所で仮想通貨を保有しておくだけでOK。

先ほど、紹介したコインチェックGMOコインで仮想通貨を購入して放置しておくだけでOKです。

ただし、注意点があります。

  • ステーキング対象の銘柄がマイナー
  • 利率が低め
  • ステーキングサービスが無い取引所もある

上記が注意点です。

保有するだけでいいので、簡単に不労所得をゲットできますが、個人的には下記で紹介するサービスがオススメです。

中級者向け:ビットレンディング

ビットレンディングに仮想通貨を送金して預けておけば、年率10%の不労所得をゲットできます。

ビットレンディングとは、仮想通貨を預けて増やすサービスです。

ビットレンディングに預ける必要があるので、仮想通貨取引所のステーキングサービスより、年率が2倍も高く、BTCやETH、ステーブルコインを運用することができます。

ステーブルコインとは

法定通貨の価格相場に連動した仮想通貨

ステーブルコインは、価格変動の激しい仮想通貨を運用するのに抵抗がある人は、オススメな運用先のコインになっています。

ゆと

ボクも実際にビットレンディングでイーサ(ETH)を預けて不労所得をゲットしています!

下記記事にて運用方法をスクショ付きで解説しています。

※8月31日まで、キャンペーンをやっているみたいなので気になる方はお早めにどうぞ。

スミマセン。キャンペーンは終了しました🙇‍♂️

\最大年率10%で不労所得GET/

上級者向け:DeFiを利用する

ビットレンディングの10%より高い年率を目指すならDeFiを利用しましょう。

DeFiでは20%の利回りはザラにあります。中には100%以上もあります。

DeFi(Decentralized Finance、分散型金融)とは

銀行や国が中央で管理してお金を発行する必要のない金融サービス全般

ゆと

仮想通貨版の銀行みたいなイメージでOKです!

銀行では、銀行の従業員さんがお金の管理や取引を行い、手数料が発生しています。

一方、DeFiは管理者不在の金融サービスです。すべてプログラムが管理して、取引を行ってくれます。

そのため、手数料がかからず、高利回りを実現できます。

ゆと

しかし、DeFiは英語表記がほとんどです。そのため、初めての人は難しいと思います。

もちろん、高リスクです。

DeFiは、まだまだ発展途上のサービスです。発展途上のサービスには詐欺などのリスクはつきものです。

もちろん、お小遣いから始めてみましょう。

下記記事では、日本語表記のDeFiを紹介しています。気になる人はみていってください。

仮想通貨で不労所得を得る上でのリスクは?

上記で不労所得をゲットする方法を紹介しましたが、リスクについてもしっかり抑えておきましょう。

  • 仮想通貨自体の価格変動による損失
  • 仮想通貨取引所の倒産やハッキング

上記は、仮想通貨を取り扱う上で注意しとくべき点です。

順番に見て行きましょう。

仮想通貨自体の価格変動による損失

仮想通貨は、法定通貨に比べて価格変動が激しいです。

全財産を一斉投資して、一瞬で溶けてしまうなんてことも・・・。

まずは、余剰資金で投資しましょう。

仮想通貨取引所の倒産やハッキング

コインチェックやGMOコインの仮想通貨取引所が倒産したりハッキングによる仮想通貨の流出も考えられます。

利用する取引所を分散したり、個人でウォレット持って入れておいてリスク管理しておきましょう。

まとめ:仮想通貨で不労所得をゲットしよう!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

もう一度まとめると以下の通りです。

  • 初心者向け:仮想通貨取引所のステーキングサービス
  • 中級者向け:ビットレンディングに預ける
  • 上級者向け:DeFiを利用する

仮想通貨ジャンルは年率も高く、少額から投資可能です。

まずはおこづかいから始めて、高い年率を実感してみてください。

実際に自分のお金を使って投資すると、自然と仮想通貨の情報を追う習慣が身につくはずです。

ゆと

ボクも実際に運用してみて、仮想通貨の情報を追うようになりました!

円安が続く現在、日本円をただ持っているだけだと価値が下がり続けてしまいます。

資産の分散という意味でも仮想通貨を持っておくことでリスクヘッジができます。

ぜひ、この際仮想通貨に資産を移しつつ不労所得を作ってみませんか?

\最大年率10%で不労所得をGETする/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次