【初心者向け】暗号資産とは?専門用語なしで解説!仕組みや購入手順も合わせて紹介

この記事のポイント

  • 知識ゼロでも暗号資産の仕組みがわかる
  • 暗号資産の購入手順がわかる

こんにちは。ゆとです。

悩む人

暗号資産に投資したいけど、そもそも暗号資産ってどういうものなの?

そんな人の疑問にお答えします。

先に結論を言うと政府や銀行が管理を行わないデジタル通貨を暗号資産と言います。

政府や銀行による管理やお金の発行はなく、ブロックチェーンと言われる新しい暗号化技術を用いて暗号資産の安全性を確保しています。

あなたは暗号資産の仕組みについてご存知でしょうか?

ビットコインなどを投資する上で暗号資産の仕組みを理解しておくことはとても大切です。

本記事では、暗号資産や新しい暗号化技術『ブロックチェーン技術』や『マイニング』、暗号資産の利用用途について初心者にも理解できるように簡単な用語を使って解説していきます。

また、購入手順も合わせて解説していきますので興味が湧いたら買ってみてください。😊

それでは、行ってみましょう!

目次

暗号資産とは?2つのシステムが暗号資産を理解するカギ

暗号資産を一言で説明すると、インターネット上で取引される形のないデジタルなお金のことです。

暗号資産の最大の特徴は、『分散型』である点ですね。

以上がざっくりとした暗号資産の解説ですが、『分散型?』『電子マネーと何が違うの?』って感じですよね?

安心してください。

難しい専門用語なし”で下記にて深掘りして解説しています。

暗号資産の仕組みを理解するには『ブロックチェーン』と『マイニング』の2つのシステムについて理解が重要です。

『ブロックチェーン』と『マイニング』について理解すれば暗号資産の仕組みについてわかってきます。

それでは、以下より『ブロックチェーン』と『マイニング』についてみていきましょう!

新たな暗号化技術!ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、簡単に言うと暗号資産を送ったり受け取ったりという取引の履歴が記録されたものです。

分散型台帳とも呼ばれていて、改ざん不可能な銀行通帳のようなものとイメージをしてもらえばOKです。

銀行の通帳に入出金履歴が記録されるように、世界中で行われる暗号資産の取引履歴が『ブロック』という通帳に暗号化されて記録されます。

ゆと

暗号資産の“暗号”とは、このことを言っているんですね!

この『ブロック』という通帳の容量は1MBで、容量がいっぱいになると通帳を閉じて新しい通帳が必要になります。

そして、この通帳を閉じる作業に難しい計算処理が必要になってきます。

難しい計算処理が終わった時はじめて、暗号資産が相手に届く仕組みになっています。

この難しい計算処理を行うのは『マイナー』と呼ばれる不特定多数の人達です。

『マイナー』については後述で分かりやすく解説するので、今はそういう人達がいるんだ〜くらいに思っておいてください。

ゆと

ちなみに、専用のソフトをパソコン入れれば誰でも『マイナー』になれますよ!

難しい計算を1番初めにクリアした『マイナー』は新しい通帳を作り、その後にクリアした『マイナー』は最初に出した答えと自分の出した答えに違いが無いか答え合わせをしていきます。

このように、相互確認によって不正を防いでいます。

噛み砕いて例えるとこんな感じ

通帳の取引履歴に間違えがないか世界中の人たちで確認作業を行うので、間違えや不正が起きないようになっています。

ゆと

みんなで1つの通帳を分散して持っているので『分散台帳』って呼ばれているんです。

そして、通帳を繰り越していくように『ブロック』も次の『ブロック』へと繋げていくので、『ブロックチェーン』と呼ばれています。

暗号資産ゲット!マイニングとは?

マイニングとは、簡単に言うと暗号資産の確認作業のことを言います。

例えるなら、お金の取引内容を確認して通帳に記帳する作業のようなイメージです。

そして、マイニングをしている人達を『マイナー』と呼びます。

前項で少し触れましたが、ブロックチェーンの確認作業はマイナーと呼ばれる不特定多数の人達が行っているわけですね。

悩む人

じゃあ、この人たちはなんのためにマイニングをしてるの?

こんな疑問が生まれてきますよね。

結論を言うと、マイニングをすることで報酬として暗号資産が貰えるからです。

悩む人

暗号資産が貰えるなんてすごい!
でも、誰が暗号資産をくれるの?

こんな疑問も生まれてきますよね。

これも結論を言うと、人ではなくプログラムが貰えるようになっています。

政府や銀行の管理者がお金を発行していますが、暗号資産はブロックチェーンで管理しているので中央で管理する人がいません。

なので、政府や銀行の代わりにブロックチェーンのプログラムによって自動でお金を発行しています。

このように、お金を貰えることを金の採掘になぞられて、『マイニング』と呼ばれているんです。

ゆと

まとめます!


マイニングの流れ

  • 報酬を手に入れるために多くの人達が参加する
  • 多くの人の監視の目が増える
  • 結果、セキュリティが強くなっていく

おさらい

ここまで解説していきましたが理解出来たでしょうか?

もう一度まとめるとこんな感じです。

ブロックチェーン

暗号資産の取引履歴が暗号化されて書かれた改ざん不可能な通帳

マイニング

暗号資産の取引履歴を確認する作業&新規でお金を発行(採掘)する

暗号資産

政府や銀行の管理が必要ないデジタルな通貨

暗号資産の使用用途は?

ブロックチェーン技術で動いている暗号資産ですが、様々な使用用途があります。

  1. 支払い手段として使用
  2. 投資手段として使用
  3. ゲーム内通貨として使用
  4. プラットフォームとして使用

上記は主な使用用途になります。

暗号資産は新しい技術であるため、今後も新しい使用用途が増えると思われます。なんだかわくわくしますよね?

そんな暗号資産の使用用途を以下より解説していきます。

支払い手段として使用

暗号資産は支払い手段として使用することができます。

お買い物をしたり、銀行口座がなくても送金することも可能です。

有名どころだと、ビックカメラは暗号資産でお買い物することが可能です。

3人に1人は銀行口座を持っていない話

日本に住んでいたらあまり実感がないと思いますが、世界銀行の調べによると世界の約30%の成人が銀行口座を持っていないと言われています。

そんな人達でも、暗号資産は簡単に口座を開設できて送金することができるのです。

例えば、新興国から先進国に出稼ぎにいっても、働いている国から口座のない母国に送ることが簡単にできます。

日本にとって馴染みのない話でも、口座を持たない人たちにとって国をまたいで簡単に送金できることはとても重要なことなのです。

投資手段として使用

暗号資産は投資手段として使用することができます。億り人が誕生したのもこの暗号資産投資です。

いわゆる、安く買って高く売るってやつです。

価格変動が大きいので注意が必要

暗号資産に投資する前に注意しておきたいことは価格変動が大きいことです。

1ヶ月で100万円くらいあがったりすることも全然あります。

暗号資産に初めて投資する際は、おこづかい程度の少額でGOです。

NFTの転売

NFTとは

「Non-Fungible Token(ノン-ファンジブル トークン)」の略日本語では非代替性トークンといいます。

簡単に解説すると、デジタルデータにIDをつけて世界で唯一のデータとして証明できる技術のことです。

ネット上に画像やイラストデータを公開したら改ざんや、コピーされ放題なのでデータそのものに価値はつきませんよね。

NFTは、IDを確認すれば世界で唯一を証明できるのでデータに資産価値がつきます。

世界で唯一という希少性から価格が高騰しやすく、投資対象としても注目されています。

DeFiで投資

暗号資産はDeFiで稼ぐことができます。

DeFiとは

Decentralized Finance(分散型金融)の略称で、銀行や政府の関与がない金融サービス全般のことを言います。

コチラもサラッと解説するとお金が増えるかもしれない貯金箱がDeFiです。

DeFiについて深掘りをしていくと長くなってしまうので別記事にて解説させてくだい。スミマセン・・・。

ゲーム内通貨として使用

暗号資産はゲーム内通貨としても使用することができます。

暗号資産を使ってゲーム内のアイテムを購入することが可能です。

ゲーム上で稼いでリアルマネーに換金

ブロックチェーン技術の上で動くゲームの登場により、ゲーム内で稼いぐことも可能になってきました。

例えば、ゲーム内でレアアイテムをゲットしてプレイヤーに売ることで暗号資産を手に入れることができます。

売って手に入れた暗号資産は、リアルマネーに換金したり互換のあるゲームに持ち出したりすることも可能です。

こうした稼ぎ方をゲームと金融(ファイナンス)を掛け合わせてGemeFiと呼ばれています。

暗号資産の稼ぐ仕組みが多様化してきていますね。今後の動向も注目です。

プラットフォームとして使用

暗号資産はプラットフォームとして使用することがあります。

ゲームで例えるなら、ポケモンで遊ぼうと思ったらゲームソフトとゲーム機本体が入りますよね?

ここで言うプラットフォームとは、ゲーム機本体をプラットフォームと言います。

プラットフォームとなる暗号資産を使うことでブロックチェーン技術を基盤としたアプリケーション開発などができるようになります。

めちゃ簡単!暗号資産の購入までの3ステップ

暗号資産を購入するまでの手順を解説していきます。

とても簡単ですので、安心してくださいね。

以下の3ステップで購入できます。

購入までの3ステップ

  • 口座開設
  • 口座へ入金
  • 暗号資産の購入

順番に解説していきます。

口座開設

まず初めに、暗号資産口座の開設をしていきましょう。

暗号資産口座は暗号資産取引所で開設できます。

国内で有名な取引所は以下です。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • GMOコイン

上記であればすべて国内大手の取引所ですのでどこに登録しても問題なしです。

ゆと

オススメは、ぼくがメインで使っているビットフライヤーです。

また、上記3社はすべて無料登録できますので、利用する口座が迷うならすべて登録しちゃってもOKです。

本人確認の審査に時間がかかるので、先に申請しておくことをオススメします。

ビットフライヤーの口座解説手順は下記で紹介していますのでよければどうぞ。

口座へ入金

次は、新しく開設した口座にお金を入れていきましょう。

口座へお金を入れる方法は主に3通りです。

  • 銀行から振込
  • コンビニから入金
  • ネットバンキングで入金

ビットフライヤーであれば三井住友銀行や住信SBIネット銀行をつかうと振込手数料が無料になります!

※コンビニや他の銀行でも入金は可能ですが、ビットフライヤーの場合は手数料として330円必要です。

取引所ごとでサービス内容が異なりますので、利用する前にチェックしておきましょう。

暗号資産の購入

入金まで完了したらいよいよ暗号資産の購入です!

購入方法は『取引所』か『販売所』での購入になります。

以下は取引所と販売所の比較表です。

購入場所メリットデメリット
販売所手数料が高い売買方法が簡単
取引所手数料が安い売買方法が難解
取引所と販売所の比較表

暗号資産を買うときは取引所で絶対に買ってください。

なぜなら、販売所の手数料は取引所と比べて高いので損してしまいます。

なんとなく、販売所の方が見やすくて初心者向けな感じな画面になっていますが、買わないように気をつけてくださいね。

また、ビットフライヤーであれば取引所にてETHを「1円」から購入可能です。

初心者で少額から始めたい人でも安心ですね。😀

大事なのでもう一度言います。

暗号資産購入は『取引所』です。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

もう一度まとめると以下の通りです。

ブロックチェーン

暗号資産の取引履歴が暗号化されて書かれた改ざん不可能な通帳

マイニング

暗号資産の取引履歴を確認する作業&新規でお金を発行(採掘)する

世界を見渡すと確実に暗号資産という通貨は浸透しつつありますが、日本国内では、暗号資産が普及していないのが現状です。

今から暗号資産について学習しても全然早すぎるくらいです。

暗号資産の理解を深めて、賢く立ち回りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次