【手数料無料】ビットレンディング✖️GMOコインで送金手数料0円運用しよう!リスクや仕組みも合わせて解説!

この記事でわかること
  • ビットレンディングとは
  • ビットレンディングの仕組みやリスク
  • GMOコイン✖️ビットレンディングで送金手数料0円にする裏技
悩む人

仮想通貨を預けるだけで10%ってホント?興味はあるけどちょっと怪し
いなぁ

こんな悩みにお答えします。

ビットレンディング(BitLending)とは、仮想通貨をレンディング(貸出)することで利息を得ることができるサービスです。

貸出はスマホでカンタン申請、1ヶ月間経てばいつでも解約OKです。

少額から運用可能できて最大年率は驚異の10%!

ビットレンディングに預けておけば、ほったらかしで仮想通貨が勝手に増えていきます。

ゆと

もはや、不労所得です・・・!

とはいえ、逆に怪しく感じるのが人間の心理です。

実際の利用者の口コミや評判を下記記事にてまとめています。よかったら参考にしてみて下さい。

ビットレンディングを始めるには、仮想通貨取引所の口座も合わせて必要です。

どこの取引所からでも利用できますが、当ブログではGMOコインをオススメします。

なぜなら、手数料を完全無料にできるからです。

本記事では、ビットレンディングとGMOコインを使って運用する手順やメリットについて深掘りして解説して行きます。

それでは、見ていきましょう!

BitLending
目次

GMOコインとビットレンディングの相性が良いワケ【2つ】

ビットレンディングを始めるには、仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

基本的にどこの口座でもビットレンディングを始めることができますが、当ブログではGMOコインを使ってビットレンディングを始めることをオススメします。

オススメな理由は以下の2つです。

  • 仮想通貨の送金手数料が無料になる
  • 運用益の出金手数料を無料にできる

順番に見て行きましょう。

仮想通貨の送金手数料を無料になる

ビットレンディングを始めるにあたり、仮想通貨取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

そして、仮想通貨取引所によっては送金に手数料が発生してしまいます。

主要な取引所の送金手数料をまとめた比較表です。

取引所送金手数料(BTCの場合)送金手数料(ETHの場合)
コインチェック0.0005BTC0.005ETH
ビットフライヤー0.0004BTC0.005ETH
GMOコイン0BTC0ETH
送金手数料の比較

上記のように、GMOコインからなら送金手数料を無料で送金することができます。

ゆと

他の取引所からだと、日本円換算で数千円取られてしまいます。🥲

運用益の出金手数料を無料にできる

ビットレンディングでの運用益は、仮想通貨取引所で日本円に換金する必要があります。

仮想通貨取引所によっては、日本円を出金する際に手数料が発生してしまいます。

主要な取引所の送金手数料をまとめた比較表です。

取引所出金手数料(日本円)
コインチェック407円
ビットフライヤー220円
GMOコイン0円
出金手数料の比較

上記のように、GMOコインであれば日本円の出金手数料も無料にできます。

ゆと

余談ですが、GMOコインならレンディング対象銘柄の「DAI」を購入することができます。

ビットレンディングが高利率の理由

ビットレンディング(BitLending)の公式サイトに高利率が実現出来る理由について明記されていました。


『BitLending』は、プラットフォームとしてお客様へ多くの収益を還元する体制を整えています。黎明期から取り組んできた暗号資産メディアとしてのノウハウをもとにWeb3.0領域の総合誌『Iolite アイオライト』の企画・発行を行うなどメディアとしての事業基盤に加えて、資産の貸出先であるパートナー企業各社で最新のブロックチェーンテクノロジーを駆使した暗号資産の活用でリスクを排除しながら安定した収益機会を得る事ができるため、他社や国内取引所と比べて高い年利を実現しています。

ビットレンディング(BitLending)

噛み砕いて解説します。

ビットレンディングは他事業でも収益基盤がある

ビットレンディング(BitLending)の運営元である、株式会社J-CAMはレンディング事業以外にも暗号資産専門のメディア発信をしています。

  • 専門雑誌「月刊暗号資産」
  • Web媒体「月刊暗号資産online」

上記のようにレンディング以外にも収益基盤があります。

こうした収益を安定運用することで高い利率をユーザーに還元することが可能になっています。

パートナー企業と連携して借入資産を資産を安定運用

ユーザーから借り入れた収益やメディア収益をパートナー企業と連携をとり、最新のブロックチェーン技術を用いてローリスクで安定した収益機会を得ています。

こういった理由で他社の国内取引所と比較しても高い年率が実現出来ているんです。

ビットレンディング運用においてのリスク

高い年率ですのでノーリスク運用可能です!!

・・・とはいかないのが現実です。

リスクを把握して、サービスを利用しましょう。

考えられるリスクは以下の通りです。

  • 貸し出せる対象銘柄が少ない
  • 貸出期間中の価格変動によるリスク

順番に解説していきます。

貸し出せる対象銘柄が少ない

コインチェックやGMOコインで貸し出せる銘柄の種類はたくさんありますが、ビットレンディングで貸し出せる銘柄は、たった5種類のみです。

ただし、BTCやETHといった超メジャーな仮想通貨を貸し出せるので問題はなしです。

マイナーなコイン(草コイン)は価格変動が激しいので、初心者のうちは購入しなくても全然OKです。

ゆと

購入したい場合は、しっかりリサーチして「余剰資金」で購入するようにしましょう。

貸出期間中の価格変動によるリスク

法定通貨に比べて仮想通貨の価格変動はかなり大きく保有するリスクを伴います。

厳密にいうとビットレンディングによるリスクではなく仮想通貨を保有するリスクです。

貸出開始時期から1ヶ月は解約できませんので、その間に貸出中の仮想通貨の価格が暴落してしまったら、残念ながら打つ手なしです。

解決策:ステーブルコインを貸し出す

仮想通貨の価格変動が気になる人は、ステーブルコイン(USDT.USDC.DAI)がオススメです。

ステーブルコインとは、法定通貨と価格変動が連動している仮想通貨です。

ゆと

仮想通貨のように価格変動が激しくないので、不安だな〜って人はステーブルコインを貸出するのもありです!

USDTとUSDCは海外の取引所経由で購入する必要があり少し難しく感じるかもしれません。。。

なので、運用手順をスクショ付きで解説しています。よければ参考にしてみてください。

上記のステーブルコインは、海外仮想通貨取引所での取り扱いのみですが、「DAI」はGMOコインで購入できます。

価格変動が気になる人はGMOコインでステーブルコインを購入しましょう!

ビットレンディングのメリット

続いて、ビットレンディング(BitLending)のメリットについて紹介します。

ビットレンディングを利用するメリットは以下の通りです。

  • 高い年率で運用可能
  • 福利運用が自動で行われる
  • 解約手数料は無料
  • 少額から運用可能

順番に見ていきましょう。

高い年率で運用可能

ビットレンディング(BitLending)を利用する最大の魅力は、なんといってもこの高い年率です。

年率8%~10%っていうのはかなり破格の年率で、レンディングにおいては国内最大の年率となっております。

BTCやETHのように価格変動の激しい仮想通貨以外にも、法定通貨の価格変動に紐づいた「ステーブルコイン」がレンディング可能なので、手堅く行きたい人にも魅力的な内容ですね。

複利運用が自動で行われる

ビットレンディング(BitLending)に貸し出した仮想通貨は、自動で複利運用してくれます。

ノータッチで複利運用を自動で行ってくれますので、楽&長期保有を考えている人にはオススメです。

解約手数料は無料

ビットレンディング(BitLending)に貸し出した仮想通貨は、1ヶ月後からは途中解約OKです。

また、それにかかる手数料も無料

仮想通貨の価格変動は激しいので、解約したい時にかかる手数料が無料なのは嬉しいですね。

少額から運用可能

ビットレンディング(BitLending)は以下の数量から貸出することができます。

通貨最低貸出量
BTC0,01BTC
ETH0,1ETH
DAI200DAI
USDT200USDT
USDC200USDC

投資は余剰資金で運用することが鉄則です。

ゆと

初めは少しずつ少額でGOです!

送金はGMOコインが圧倒的にお得

ビットレンディングに送金する際、数千円の手数料が必要です・・・。

送金するだけで、数千円も引かれてしまっては結局プラマイゼロですよね。

そのため、送金手数料が無料になるGMOコインで送金しましょう。

GMOコインから送金することで、運用益を減らすことなく手に入れることができます。

送金手数料を無料でビットレンディングを始める3つの手順

ビットレンディング(BitLending)を始めるにあたり、下記3つの手順を踏む必要があります。

  • ビットレンディングに登録
  • GMOコインの口座開設
  • ビットレンディングに送金して貸し出す

順番に解説して行きます。

ビットレンディングに登録

まずは公式サイトから【お申し込みはこちら】をタップします。

>BitLendingの公式サイトへ行く

次に「メールアドレス」を入力して、利用規約にチェック→「登録する」をタップします。

入力したメールアドレスにビットレンディングからメールが届くはずです。

メールを確認してメール本文内にあるURLをタップします。

上から順番に基本情報を入力していきましょう。

スクロールして行き、一番下まで入力できたら「入力内容確認」をタップします。

入力内容に間違えがなければ「この内容で申し込む」をタップします。

続いて本人確認を行って行きます。

本人確認で使いたい書類を選択して注意事項を確認、「次へ進む」をタップします。

画面の案内に従って写真撮影を進めて行きましょう!

写真撮影が終われば登録完了です。

審査完了メールが届けばいつでも利用が開始できます!

GMOコインの口座開設

送金用口座としてGMOコインを開設しておきましょう。

ビットレンディングに送金する際はGMOコインが断然おトクです。

なぜなら、送金手数料が無料だから

また、仮想通貨を日本円に換金した際の出金手数料も無料ですので、GMOコインを利用すれば完全に送金手数用を0円で抑えることができます。

ビットコインの送金なら数千円かかってきますので、せっかくの運用益も手数料負けしてマイナスになることも・・・泣

ゆと

少しでも手数料を抑えたい人はGMOコイン一択です!

口座開設手順は下記記事で全ての手順をスクショ付きで解説していますので参考にしてください。

\ 最短5分で登録完了 /

ビットレンディングに送金して貸し出す

開設ができたらビットレンディングへ送金して行きましょう。

ビットレンディングを開いて送金先のアドレスをコピーして行きます。

ビットレンディングを開いて、「暗号資産を貸し出す」をタップする。

貸し出したい暗号資産と数量を入力して、「入力内容確認」をタップします。

内容を確認して「この内容で申し込む」をタップする。

「入金アドレスを確認する」をタップ。

「アドレスをコピー」をタップします。

このコピーしたアドレスに貸し出したい暗号資産を送金して行きます!

GMOコインを開いて、「ホーム」→「預入/送付」をタップする。

送金したい銘柄をタップします。

「新しい宛先を追加する」をタップします。

「GMOコイン以外」→「取引所・サービス指定のウォレット」→「ご本人さま」と入力していき、「宛先情報の登録画面へ」をタップします。

下記赤枠の、ニックネーム、ビットコインアドレス、送付先の名称をしていき、「認証を完了する」をタップします。

ビットコインアドレスとは

ビットコインアドレスとは、ビットレンディングに送付するために使用するアドレスです。

このアドレスにお金を送付していきます。

先ほどコピーしたアドレスを貼り付ければOKです!

これで送付先のアドレスが登録できました!もう一度送付画面にもどって確認します。

先ほど登録した宛先リストをタップします。

宛先の確認をしてチェックボックスにタップ、「次へ」をタップします。

「送付数量」→「送付目的」→「SMSで2段階認証コードを受け取る」と進めて行きましょう。

GMOコインに登録した電話番号に認証番号が届いてるはずです。確認して入力していきます。

問題がなければチェックボックスチェックを記入→「実行」とタップして行きます。

これでビットレンディングへの送金は完了です。

あとは、ビットレンディングが着金を確認次第、自動で運用が開始します。

まとめ:ビットレンディングはGMOコインで運用しよう

ここまでご覧いただきありがとうございます。

結論として、ビットレンディングを利用するならGMOコインを合わせて利用することで送金手数料を抑えることができておトクに運用することができます。

ただ、仮想通貨を買ってるだけは勿体無いな・・・と感じている人には、ぜひ利用してもらいたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次