【紹介コード有】ビットレンディングの紹介プログラムについて徹底解説【知らないと損】

本記事で分かること

  • ビットレンディングってなに?
  • 紹介コードを使って登録するとどうなる?
  • 紹介プログラムを利用して登録する方法
悩む人

ビットレンディングで運用をしてみたいな!紹介プログラムってなに?教えて欲しいです!

そんな悩みにお答えします。

ビットレンディングとは、「仮想通貨を預けて増やす」サービスです。

そして紹介プログラムを使ってビットレンディングに登録すると、

ビットレンディングの紹介プログラム

紹介された人:貸借料率を10%ブースト

紹介する人:10%ブースト分の暗号資産を獲得

こんな感じで、両者win-winのサービスです。

繰り返しですが、ビットレンディングは「預けて増やすサービス」です。

取引所に放置しているだけでは、少しもったいないかも…😭

どちらも同じ「放置」でもビットレンディングに預けて「放置」すれば最大10%の利回りで増えます。

ゆと

仮想通貨版の投資信託みたいなイメージです!

通常でも十分高いビットレンディングの年率ですが、

紹介プログラムを使うことで、さらに年率を上げて運用することが出来ます。

とはいえ、よく分からん💦

なんて人も多いはず。

本記事ではビットレンディングの「紹介プログラム」について申込方法や注意点など、分かりやすく解説していきます。

それでは見ていきましょう。

目次

ビットレンディングの概要

ビットレンディング(BitLending)の概要は以下の通りです。

運営会社株式会社J-CAM
設立2020年5月
事業内容レンディング「BitLending」
専門雑誌「月刊暗号資産」
Web媒体「月刊暗号資産online」
会社ホームページhttps://j-cam.co.jp/
株式会社J-CAMの概要

そして以下が貸出対象通貨と年率です。

やはりビットレンディングの特徴は、この脅威の高年率です。

とはいえ、逆にこの高年率が怪しく感じますよね・・・。

そんなあなた向けに利用者の口コミや評判をまとめています。よければ覗いてみて下さい。

また、BTCとETH以外にも法定通貨の市場価格に連動して価格変動する「ステーブルコイン」もレンディング対象です。

USDTとUSDCは米ドル価格と連動してます!不安な人はこっちを選んでもOKです。

ビットレンディングの仕組み

ビットレンディング(BitLending)の年率が最大10%って高すぎて逆に怪しいですよね。

そんな人のために、ビットレンディングが、どのようにして、年率10%を実現しているか少しだけ触れておきます。

以下はビットレンディングの公式サイトから引用した画像です。

ビットレンディングは、個人と仮想通貨取引所を繋ぐ仲介役です。

取引所等のお金を借りたい機関は、ビットレンディングから「貸借料」を支払い仮想通貨を借りています。

その貸借料の一部がユーザーに還元される仕組みです。

また、ビットレンディングの運営会社(株式会社J-CAM)はレンディング事業以外にもWeb3.0分野に特化したメディアの事業を展開しています。

  • 専門雑誌「月刊暗号資産」
  • Web媒体「月刊暗号資産online」

上記のようにレンディング以外にも収益基盤があります。

こうした収益を安定運用することで高い利率をユーザーに還元することが可能になっています。

ビットレンディング紹介プログラムとは?

ビットレンディングの紹介プログラムとは

紹介リンクを踏んで登録することで、「紹介された人」「紹介した人」がお得にビットレンディングを利用出来るプログラムです。

具体的には以下の通りです。

  • 紹介された人:貸借料率を10%ブースト
  • 紹介する人:10%ブースト分の暗号資産を獲得

具体的な数字で表すと、、

紹介された人

BTCを貸出中の場合:8%→8.8%へブースト!

紹介した人

BTCを貸出中の場合:10%ブースト分→0.8%のBTCをGET!

貸出量に倍率がかかりますので、多く預けるとより多くのBTCをゲットできます!

ゆと

普通に始めるよりお得に始めることが出来ますよ〜

紹介プログラムを利用してビットレンディングに登録する方法は?

紹介プログラムを使って、お得にビットレンディングを始めてみましょう!

紹介プログラムを使った登録手順は以下の通りです。

  • 紹介リンクを踏んでビットレンディングへ登録
  • レンディングしたい仮想通貨を購入
  • ビットレンディングへ送金してレンディング開始

注意

ビットレンディングを利用するには仮想通貨取引所で口座が必要がです。

理由は後述しますが、当ブログではGMOコインをオススメしています。

口座を持っていない人は口座開設しておきましょう!

≫GMOコインの公式ページへ行く

紹介リンクを踏んでビットレンディングへ登録する

まずは、下記の紹介リンクをタップして公式サイトへアクセスします。

≫ビットレンディング紹介プログラム限定ページへ行く

「Boost貸借料率でレンディングする」をタップしてください。

メールアドレスを入力して、利用規約に同意して「登録する」をタップしてください。

以降は画面の案内に従って登録していきましょう!

下記記事にて登録手順をスクショ付きで解説していますので、よければ参考にしてみてください。

ビットレンディングの紹介プログラム注意点

紹介プログラムをつかったビットレンディングを利用する上での注意点は以下の通りです。

  • 紹介リンク以外から登録した場合は無効
  • ブースト期間は180日間
  • 紹介者がレンディングする必要あり
  • ビットレンディングの利率が月頭に見直される

順番に見ていきましょう。

紹介リンク以外から登録した場合は無効

ビットレンディングの紹介リンクを踏んで登録しなければ、ブーストを受けることが出来ません。

自分でアクセスしてビットレンディングに登録しても恩恵を受けることが出来ないので注意してくださいね。

ブースト期間は180日間

10%のブースト期間は180日間限定です。

180日間経ったら元の倍率に戻りますのでご注意ください。

紹介者がレンディングする必要あり

紹介プログラムを受けるには、紹介者が実際にレンディングをしている必要があります。

紹介者がビットレンディングに登録していても、貸出中じゃなければ無効ですので気をつけましょう!

ゆと

ぼくは実際にイーサ(ETH)をレンディングしているので大丈夫ですよ!

ビットレンディングの利率が月頭に見直される

ビットレンディングの年率は毎月見直しを行われています。

ここ1年ほどは10%は維持していますが、どんどん少なくなるかと予想されます。10%の恩恵を受けたい人は少しでも早めに行動することをオススメします!✨

ビットレンディングはGMOコインが相性抜群

ビットレンディングを利用する上で仮想通貨取引所は必須です。

ビットレンディングを利用するならGMOコインが圧倒的にオススメです。

なぜなら、

  • 送金手数料が無料
  • 利益分の日本円出金手数料も無料
  • ステーブルコイン「DAI」が購入できる

主要取引所との手数料を比較した表がこちら👇

取引所送金手数料(BTC)出金手数料(日本円)
コインチェック0.0005BTC407円
ビットフライヤー0.0004BTC220円
GMOコイン0BTC0円

GMOコインの口座開設自体は無料で出来ます。口座開設するならGMOコインでビットレンディングを利用しましょう!

ビットレンディングによくある質問

最短貸出期間はどれくらいですか?

最短一ヶ月です。

解約金はいくらですか?

無料です。✨

USDT、USDCを送金する時のネットワークは「TRC-20」と「ERC-20」のどっちを選べばいいですか?

送金手数料が安い「TRC-20」がオススメです。

仮想通貨TRC-20の手数料ERC-20の手数料
USDT1USDT(約140円)25USDT(約3500円)
USDC1USDC(約140円)25USDC(約3500円)
「TRC-20」と「ERC-20」の手数料比較表
※1ドル=140円で計算
ゆと

GMOコインにUSDTとUSDCの取扱いが無いため、手数料が発生してしまいます。泣

日本円の入金は出来ますか?

日本円の入金は出来ません。入金の手段は仮想通貨の送金のみです。

ビットレンディングが提携できるASPはどこですか?

提携できるASPは「TCSアフィリエイト」です。詳しくは下記をご覧ください。

まとめ:ビットレンディングの紹介プログラムを利用しよう!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

ビットレンディングの紹介プログラムを使って始めるとお得に始めることができます。

もう一度まとめると、以下の通りです。

  • 紹介された人:貸借料率を10%ブースト
  • 紹介する人:10%ブースト分の暗号資産を獲得

具体的な数字で表すと、、、

紹介された人

BTCを貸出中の場合:8%→8.8%へブースト!

紹介した人

BTCを貸出中の場合:10%ブースト分→0.8%のBTCをGET!

ビットコインの半減期がもうすぐ来ると言われています。

半減期に向けて、ビットレンディングを使ってコツコツとBTCの枚数を増やしておけば、より多くの恩恵を受けるこができますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次